クレジットカード頼りになったカード破産寸前の私

クレジットカードは今では殆どの人が持っているのが当たり前の時代。
カードの種類、サービスも様々です。
クレジットカードは簡単に作れる反面、お金を支払う感覚を麻痺させてしまう恐ろしいものでもあるのです。
このサイトでは、クレジットカードをこれから作りたいと考えている人たちへ参考になるもの間違いなしです!

女性 30代

専業主婦で、主人と二人暮らしです。
主人は再婚で、主人に2人子どもがいます。
現在2人とも大学生で下宿しています。
家は持ち家で、ローンも支払い済みです。

ポイントカード付きのクレジットカード

携帯ショップのポイントカードが一緒になっているもの、楽天カード、楽天モバイルカード、PARCOカードを持っています。

それぞれクレジットカードの役割

携帯ショップのカードは、次回携帯を買うときにお得になるなど店員さんに勧められて作りました。
楽天カード・楽天モバイルカードは、楽天市場で買い物をするために作りました。
PARCOカードは、初回の割引券欲しさに作りました。

簡単に作れる!

携帯ショップのカード、PARCOカードは、店員さんに教えてもらいながら簡単に作れました。
楽天カード、楽天モバイルカードは、ネットで簡単に作りました。

楽天カードをメインカードに

メインで楽天カードを使っています。
ネットショッピングでは毎回使っています。
月々の携帯代、持ち合わせの現金が足りなかったときにお店で使用していました。
楽天モバイルカードは使わなくなり、年会費2000円だけがかかるようになってしまったので、退会してカードを廃棄しました。
また、携帯ショップのカードも使わなくなったので、退会して廃棄しました。
PARCOカードは、初回の割引券をもらったので、数回使いましたが今は使っていません。カード自体失くしてしまいました。

金銭感覚が麻痺

クレジットカードを作る前は、手持ちの現金がない時は買い物を諦めたり、商品を取り置きしてもらっておいて、近くのATMでお金を降ろしてから支払っていました。
クレジットカードを作ってからはそのような手間が省けた分、衝動買いをするようになりました。
カードを使うことに慣れて頼るようになった時期があったのですが、自転車操業のように、来月分の収入を見越してカードを使っていました。
今考えると、カード破産の手前だったと思います。
カードは手軽に使える反面、金銭感覚が麻痺してしまうと思います。
現在はネットショッピングも最低限にして、カードは極力使わないようにしています。
月々かかる携帯代などで楽天ポイントが貯まって、そのポイントで楽天でお買い物ができるのは良い点だと思います。